工場見学お申し込み

木質バイオマス発電は何がいい?

 森林を適切に整備するサイクルが生まれます。

木質バイオマス発電には、多くの木材が必要となります。そのため「植える→育てる→使う→また植える」というサイクルが生まれ、森林を整備の行き届いた良い状態で維持していくことができるのです。
現在、日本の林業は木材価格の低迷と林業の衰退に伴い、間伐が遅れたり、林業に従事する人が減少するなどの課題を抱えています。木質バイオマスは、そうした課題を解決する方策の1つとして大きく期待できます。

新しい産業と雇用がつくられ、地域の活性化につながります。

例えば、太陽光・風力発電は自然エネルギーを活用するため原材料費がかからないという特徴があります。これはメリットでもありますが、天候・環境に左右されやすく、発電量は不安定になりやすい傾向があります。
一方、木質バイオマス発電は、エネルギー源となる木質バイオマスを購入する必要がありますが、地域の木質バイオマス燃料を活用することで地元に利益をもたらし、電力を安定的に供給することができるのです。
大きな可能性を持つ、木質バイオマス発電。
木質バイオマス発電は、森林資源を活かした新しいエネルギー源として、大きな注目を集めています。
豊富な森林資源を持つ日本にとって、木質バイオマスの有効活用は大きな価値を生み出し、
環境保全や林業の衰退などの課題を解決する手段の1つとして、大きな可能性を秘めているのです。
  • バイオマス発電のしくみ
  • データでみる日本と島根
  • 木質バイオマス発電は何がいい?
  • 豊田通商株式会社
  • 株式株式エネ・ビジョン
  • 上海豊通節能技術有限公司
Copyright 2015 SHIMANE FOREST ELECTRIC POWER. All Right Reserved
  1. バイオマス発電のしくみ
  2. データでみる日本の森の実態
  3. 木質バイオマス発電は何がいい?
  1. 木質バイオマス発電事業について・工場施設紹介ページを見る
  1. 木質バイオマス発電事業について・工場施設紹介ページを見る