工場見学お申し込み

データでみる日本の森の実態

日本の森林は増えている?

日本は国土の約2/3が森林に覆われた、世界でも有数の森林国です。日本の森林面積は2,500万haあり、これは本州(2,310万ha)よりも広い面積となります。
また、その中でも資源として活用できる森林資源蓄積量は、35年前に比べて倍増する勢いで増えていることが、右のグラフから分かります。

日本の森林資源の推移

多くの木質バイオマスが活用できていません。

木質バイオマスの発生量と利用の現状(推計)
製材工場から出される端材や木くず、家や建物を取り壊した際に発生する建築発生木材は9割以上が活用されています。しかし、森を整備するために伐採した木々(間伐材等)は、収集・運搬にコストがかかることから、ほとんど利用が進んでいません。

島根県の場合は…

森林率78%全国4位総面積 67万ha森林面積 53万ha(うち人工林21万ha)
島根県は面積の78%が森林であり、全国でも4位となる数字です。
日本全体でみた時の「森林の増加」「木質バイオマスの未利用」という傾向が
島根県では、より顕著に現れると言えます。
島根県の人工林(スギ・ヒノキ)面積の推移
島根県のスギ・ヒノキのうち、伐採が可能な41年生以上(主伐期)の割合は、平成28年では69%です。しかし、グラフの数字がこのまま推移すると、間伐期の木も主伐期へ移行します。5年後には主伐期の木が80%にまでのぼり、利用可能な資源が大幅に増加していくことが予想できます。

愛媛県の場合は…

森林率71%全国21位総面積 57万ha森林面積 40万ha(うち民有林25万ha)
愛媛県はヒノキの生産量が21万㎥/H28を超える日本1、2位の産出県で、媛スギ・媛ヒノキとブランド化を推し進めています。
未利用な木質バイオマスが眠っているかもしれません。
愛媛県の人工林(スギ・ヒノキ)面積の推移
愛媛県は林業振興プランを積極的に打ち出しており、森林整備は目標間伐対応面積を9,500haと掲げて取り組んでいます。
グラフからも、多くの樹林が間伐期・ 主伐期を迎えていることがわかり、適切な間伐・保育等の管理が必要であると予想できます。
日本国内、その中でも島根県・愛媛県には豊富な森林資源があり、今後も増加していく傾向にあります。
しかし、現在それらが十分に活用できているとは言えません。
木質バイオマス発電はそうした資源をうまく利用していく、大きな可能性を持った技術なのです。
  • バイオマス発電のしくみ
  • データでみる日本と島根
  • 木質バイオマス発電は何がいい?
  • 豊田通商株式会社
  • 株式株式エネ・ビジョン
  • 上海豊通節能技術有限公司
Copyright 2015 SHIMANE FOREST ELECTRIC POWER. All Right Reserved
  1. バイオマス発電のしくみ
  2. データでみる日本の森の実態
  3. 木質バイオマス発電は何がいい?
  1. 木質バイオマス発電事業について・工場施設紹介ページを見る
  1. 木質バイオマス発電事業について・工場施設紹介ページを見る